万が一がんなどの大病にかかった場合

私は30代ミドルの夫人なのですが、20代の間は全然体調を意識していなかったのですが、今は体調が一番生命と思えるようになっています。
きっかけとしては30代当初でダディが胃がんになったことなのですが、晴天の霹靂で初々しいからといって病にならない、体調という規定が壊れ去りました。
そこからは、少しの体手配も十分に気をつけることを心掛けています。

私がやる事象としては、年々体調来院を受け、乳がん検診、子宮がん検診、胃カメラ、心電図診査、血診査などをして、全身進度を調べてもらっています。
なので不自然が探せることがありますし、私の場合は高脂血液症、貧血がとも急性にあり、順番ウォッチングとして気をつけるように言われています。

自分ではともすっかり自覚がなかったので、検診をきっかけに意識するようになりましたし、一年に一度受け取る結果不自然を早急発見する結果、万が一がんなどの大病にかかった場合にも早い段階で治療を受けられるようにしています。

また体に手配があった場合には、それをあいまいにせずに敢然とクリニックに掛かり、起因を究明するようにしています。
暮れに原因不明の胃のトラブルがあり、胃もたれが続き食べられない、そして嘔吐ということがあった時も、一気にクリニックに行きました。
胃はダディの都合もあったので警戒して、CT診査、血診査もして不自然を見い出しましたが安全として、直後もうすぐ落ち着いていきました。

このようにいつ何があるかは防ぎきれないこともありますが、体調は気をつけていて未然に防ぐ、早急察知につながるということも多いと思います。
ダディの胃がん、そして父が50年でふらっと死してからは、人間のカラダは必ずしも過信できないと思っていますし、体調管理は日頃から気をつけておく
ことを心掛けています。アドエア

時折検診で引っかかって再検査と言われているのに放置して悪化したというクライアントなどを耳にしますが、自分の体調に関して気をつけておけば良かったのにって残念に思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です